野戦病棟。

5/14の土曜日ですかね。。。

あまり風邪がひどかったので会社を休んでウチでぐだぐだしていたのですが。。。

犬の散歩に行った親父から電話が。

「〇〇のお地蔵さんのところに見たことも無い鳥がうずくまっとるでー。怪我でもしとるんかなー。」

これはなんだ。
おれに見て来いということか。

ささっと着替えて見に行ってみると・・・。

ハトだ。

この辺りじゃ見たことも無いハトだ。

近寄っても飛び立たない。

よく観察すると所々怪我をしていてどうやら右の羽根の付け根辺りを脱臼しているか骨折しているため飛ぶことが出来ない。


直ぐに様々な予測を立ててみる。

放置したら車に轢かれるか猫にやられる。
動物愛護センターは僕がいろいろ経験したことを包括するとどうも信用できん。
かといって直ぐ近くに鳥を診れる病院も無い。。。

とりあえずウチで保護しよう。
野生の子だから拒食するかもしれないし駄目かもしれない。
でも、目は活き活きしているからそもそもの自己治癒能力である程度回復するかもしれない。
回復が自然界で生きていけるレベルまでいけば戻してあげられるし、
飛べないままだったらそのまま保護する・・・。餌さえ摂ってくれれば飼育レベルでの保護は可能。

どのみち失くしかけてた命だ。

俺に任せてみろ。


ということで一旦うちに戻って使っていないインコケージをセットして、軍手をはめて再びハトの元へ。

まだじっとしている。

小学生の頃レースバトを飼っていたのでハトの補定は慣れたものだ。
ささっと捕まえる。
多少抗うけど、大人しい。怪我がヒドイのか・・・。

この辺りでは見かけないので種類を調べると、どうもアオバトみたいだ。

どうしてこんなところに居たのかは不明だけど、
ところどころ毛が毟られた様な痕がある。

予測に過ぎないが、
多分カラスにでもやられたんだろう。
このあたりのカラスはよく他の鳥を虐めて遊んでいるのをよく見かける。
特にこんな見かけない珍しい色の鳥がのほほんといたら格好の虐め対称だ。
逃げるうちにどこかに激突して羽根を骨折して落下。お地蔵様のお堂の下でじっとしていたのだろう。。。
病気で弱っている様ではないし。






R0010531

R0010528


今は水も飲んで餌も少しは摂っている様子。
回復して元気になってくれー。
[PR]
by clemys | 2011-05-18 16:02 | animals-動物-
<< 経過良好。アオバトさん。 リベンジ。 >>