2009年 10月 14日 ( 3 )

真剣なまなざし。

DSCN0239

これはまあ、snap的に撮ったので椅子の足とか写り込んでますけどね。
良く撮れてたので。
[PR]
by clemys | 2009-10-14 23:42 | Mダックス

低温ニメゲズニ。。。

ビルマオオアタマガメの雲海です。
室内飼育と言う事もありますが、いまだにバリバリエサを食って元気です。^^;

ビルマ系は年中加温飼育したほうがいいというけど、今年はどうしようか只今検討中。
去年はベビーだったので流石に加温しましたけどね。



IMGP6439


IMGP6438

なかなかバキバキの綺麗な甲羅になってます。
少し虫食い模様が出てきたかなー・・・と。
光が反射して解り辛いね。



IMGP6435

逞しい前肢。
このとき庭に放したら好き勝手に走り回っておりました。
ある程度の障害物は難なくで乗り越えますね。
木には登らなかったけど。。。

不思議なことに離れたところから呼んだらこちらに歩いてきた。
・・・偶然だと思うけど。。。




IMGP6436

ちなみに。
レプタイルズ系洋書の挿絵写真風。
うおーーこの個体はヤバイ!!すげーーー!!
とか思いながら見る訳ですが、こんな風に編集できちゃうんですよねー。

あるコラムにて読んだことがあるのですが、「写真」に対する考え方がニッポジンとガイジンは根本的に違うようです。
ニッポンジンは撮った絵を弄るなんてもってのほかで、無編集、ノートリミングの撮ったまんまが美徳だとされております。特に一部のうんちくを好むカメラマニアに多いと。「お作法」みたいなもんですかね(笑)
一方ガイジンは、自分のイメージに合うように加工するのが当然とする考え方。
印象派というか、そんな撮り方をするカメラマンが多いのだそうです。

ただ、ニッポンジンも若い世代のカメラマンは「雰囲気」を撮るオリジナルな価値観を持った人が増えていると思いますね。
どちらかというと僕も「お手本どおり」「教科書どおり」の素晴らしい写真を見ても、「へぇ~」と思うだけなので後者寄りなんでしょうね^^;



ご参考までに(笑)
[PR]
by clemys | 2009-10-14 15:47 | オオアタマガメ

優しい色。

むーちゃんです。


IMGP5109


たまに。
とんでもなく優しい瞳をしている事がある。

そんなむーちゃんに癒されたり、チクチク噛まれたり。。。^^;
[PR]
by clemys | 2009-10-14 00:43 | ウロコインコ